クリエイティブで、粘り強い!の実現を目指す人と組織のパートナー:合同会社5W1H

「"適切な"課題設定」入門

「視点変更」と「納得」を重視した「協創対話」アプローチに基づいて

図解のように、「同じひとつの出来事」に対してであっても、関係する人々や関心のある事柄などによって、「出来事の解釈」は異なります。

そして、「何を『問題』と見なすか?」という「出来事の解釈」に従って、「採用する解決策」すなわち「取り組む『課題』」が異なってきます。 (何を『目的』とするかによって、取り組む『課題』『手段』が変わります。)

 
ところが私たちは、特定の考え方に慣れ親しむあまり、知らず知らずのうちに「視野が狭く」なっていることや、「さまざまな解釈がありうる」ことを忘れてしまいがちなものです。

そして、「相手の真意」や「問題の構造」などといった『本質』を確認せずに、「自分なりに良かれと思う(問題『症状』を解消する)行動」に突っ走ってしまうことが少なくありません。

「『ひとつの専門分野』&『同じ価値観』の中だけに留まって」目的を達成したり、問題を解決したりするのと異なり、『複数分野の知識や技術が結集』しないと望む結果が得られないことが増えているという状況を踏まえると、今後、「適切な『課題設定』ができること」の重要性が増していくことは確実です。

あなたは、下記のような形で、「対話という協働を通して、多角的に確認を進めながら、適切な課題を設定する」のに慣れていらっしゃるでしょうか?

  • お客様からの『要望・期待』や、上司からの『指示・命令』『本質』は何かを丁寧に確認する
  • 相手との関係をより望ましいものにしつつ、『要望・期待』や『指示・命令』の背景にある『目的・意図』を踏まえ、本当に取り組むと効果的な事柄(課題)は何かについて、意識を揃える

など

本セミナーでは、「"適切な"課題設定」の「入門篇」(※1)として、「『協創対話』(※2)というアプローチの概要解説と演習」を行います。


※1 既に「適切な課題設定について、学びたい、身につけたい!」と思われていらっしゃる方は、本セミナーを飛ばして、最初から「協創対話」 や「協創対話の基礎」を成す「フレームワーク質問力®」に参加いただいて大丈夫です。


※2 協創対話(Co-Creative Dialogue)
対話(dialogue)とは、「話の内容のみならず、関係者の思考プロセスや感情に意識を払い、特定の立場や手段に固執せず、率直な意見交換を行うことによって、目的を達成しようとするコミュニケーションの方法」であると弊社では定義しています。 そして、関係者との間で、「真実」「解決策」「新たな可能性」を探求するための、関係者との「粘り強い対話」のことを、弊社では「協創対話」と表現しています。

こんな方におススメです

  • 『協創対話』に興味をお持ちの方
  • 企業研修への『協創対話』導入を検討されている会社の方
  • 個人でコーチングを学ぼうとされている方
  • 既にコーチングを活用されていて、「もう少し精密に聴き、一歩踏み込んで尋ねる」アプローチを知りたい方
  • コーチングについて、ほとんど知らないけれど興味をお持ちの方

などをはじめ、どなたでもご参加いただけますし、適宜、質問をお受けいたします。

予定内容

  • 「問題」「課題」をどう区別すると、どんな良いことがあるのか?
  • 人財配置には「タイプ分け」が良くても、人財育成には「タイプ分け」は不適とはどういうことか?「パターン認識」とは何か?(※3)
  • 「メモを取らない」のは、どういう相手に適していて、「メモや図解の多用」が効果的なのは、どういう場合なのか? その理由は?
  • 「現実を直視する」だけの「自我の強さ」を持てていない人には、「クリティカル・シンキング(※4)を活かした対話」は不適とはどういうことか?
  • 「複眼的・重層的な振り返り」とは、具体的にどうやっているのか?(※5)

※3 あなたの組織、『MBTI』をお使いですか?
↑セミナーでは、『身近で具体的な事例』を取り上げ、『図解』を交えて解説します!


※4 クリティカル・シンキング(Critical Thinking)とは、「厳密かつ建設的な思考」「シビアかつポジティブな考え方」のことを指しています。 「わかったつもりにならず、素朴な疑問を大切にする」という考え方であり、「イノベーション」(Innovation:創新普及)を興すためにも重視されています。


※5 「ミニ演習」を通して、「複眼的・重層的な振り返り」を体験していただこうと思っています。

「協創対話」では、「視点変更」「柔軟な発想の促進」も重視しているため、「さまざまな視点からの多角的な検討」「重層的な学びの深化」は非常に有効であると考えています。←例えば、数学の問題を上滑りで解き散らかして、問題集を先に進める<だけ>では、数学の実力は上がりません。 「分析的・複眼的・重層的な振り返り」というのは、新しい内容を学ぶ段階で、1つ1つの問題に対して別解を探求し、問題を深く理解する経験を通して、自分で考える力をつけること・洞察力を高めること・基礎を体得し応用問題に対処できるようにすることを重視するアプローチに対応していると捉えていただくのがよいと思います。

『企業研修』などの場面で行う弊社流の『振り返り』は、「当事者どうしによる振り返り」→「当事者が所属するグループの傍観者による振り返り」(→「概要を教えてもらった他のグループ・メンバーからの質問・コメント」)→「高野による、図解や関連事項の解説を加えた振り返り」→「これまでのすべての話を踏まえた上での、当事者の振り返り」→「当事者以外全員の振り返り」→「高野による概念化、および、参加者全員の学びを踏まえた振り返り」→「演習全体を振り返っての質疑応答」といった形で進むのが一般的です。

開催日と参加のお申し込み

日時と場所 申込受付終了2017年3月25日(土)13:30〜17:30 銀座駅近辺

※会場の詳細は、お申し込みいただいた方に直接ご案内いたします。
参加費 5000円 (税込み)
参加費の
お支払い方法
●銀行振り込み(三菱東京UFJ銀行、楽天銀行)
●クレジットカード(PayPal)


PayPal PayPalは、世界中で利用されている決済サービスです。弊社にカード情報を知らせることなく、安全にお支払いができます。
 

請求書/領収証をご希望の方は、こちらをご確認ください。
参加費の当日現金払いについて
参加費の
お支払い期日
●銀行振り込みの場合
お申し込み日を含めて5日以内(土日祝を除く)にお願いいたします。ただし、開催日まで5日を切っている場合は、開催日前日(前日が土日祝と重なる場合には、直前の平日)の15時までにお願いいたします。

●クレジットカード払いの場合
お申し込み日を含めて2日以内(土日祝も含む)にお願いいたします。ただし、開催日まで2日を切っている場合は、開催日前日の21時までにお願いいたします。
参加申し込み受付期間 開催5日前の21時まで(※1)
(例:開催日が1月10日の場合は、1月5日の21時までが参加申し込み受付期間となります。)

ただし、参加お申し込み者数が最少催行人員(※2)に達していて、席に空きがある場合のみ、開催5日前の21時〜開催前日の21時の間も、参加をお申し込みいただけるようになっております。

※1 開催5日前の21時までに、参加お申し込み者数が最少催行人員に達していない場合は、中止もしくは延期となります。また、満席の場合は、早期に申し込みを締め切る場合がございます。

※2 最少催行人員は、イベント毎に異なります。
その他 ・ キャンセル料金について
・ よくあるご質問とその回答

このページのトップに戻る ホームに戻る

無料ニューズレター QOL向上のヒント
メールアドレス * 
お名前 * 
* は必須項目です。 

Copyright © 2006- The 5W1H Company, L.L.C. All Rights Reserved.


TOP