クリエイティブで、粘り強い!の実現を目指す人と組織のパートナー:合同会社5W1H

学習の場のファシリテーション

成人学習・生涯学習が、「研修会場での集団学習 & eラーニング」 から、「コーチングやメンタリングを活用した個別学習 & ソーシャル・ラーニング(ソーシャル・メディアを活用した学習)」へと変化するのと同様に、「講演会」の割合が減少し、「ウェブ・セミナー」や「動画視聴」などが増加する傾向にあります。

「形式知化しやすいコンテンツ」だけが得られればいいと考えるのであれば、「独学、eラーニング、ソーシャル・ラーニング」も有効であると思いますが、

暗黙知、あるいは、"場"の共有や、講演者と参加者の相互作用、参加者どうしの化学反応」の価値を重視し、

形式知を得ることを目的とした学習と補完させようと考えるのであれば、「集団研修、コーチング、メンタリング」といった手法は、依然として重要な存在であり続けるでしょう。

※「研修の効果を上げる、フォローアップ研修」の詳細については、こちらのページをご参照ください。


むしろ、グローバル・ビジネスの進展に伴い、新興国出身の若手リーダー達に代表されるような多様な人財の中に混じって、

付加価値を生む議論ができる「論理的思考力」+「メタ認知を活用した上での推論力」+「コミュニケーション能力」+コミュニケーションをきっかけとして「問題解決策やイノベーションを生み出す創造力」などの発揮が、今まで以上に求められるようになってきているという認識が適切なのかもしれません。


こういった潮流の下、集団研修・コーチング・メンタリングといった場面で学習効果を高めるものとして「ファシリテーション」が注目されています。

弊社5W1Hでは、

  • 各種研修後のフォローアップ学習
    研修で学んだ知識の、現場での実践・習慣化させる際の課題について、研修参加者および関係者を交えて考える学びの場など
  • 「立場や価値観の違い」などを乗り越えて、目的達成に向けた「協働」を進める際に開かれる会議への参加
    ファシリテーターとして参加、あるいは、オブザーバーとして参加し会議終了後に関係者にフィードバックを実施
  • 複数の研修から構成される研修プログラム策定
    経営戦略に合致した人財の育成や、次世代グローバル・リーダー育成研修プログラムなどの策定、現場のニーズに応じた研修目的の明確化ほか
  • 参加者どうしの対話や演習を重視した「ワークショップ」や「講演」

をはじめとする、さまざまな学習の場で、「演繹〜アブダクション〜帰納〜統合」を行き来するファシリテーションや「フレームワーク質問力」を発揮し、今までになかった氣づきや解決策の探求を、弊社代表の高野がサポートいたします。

弊社代表の高野が実施する学習ファシリテーションは、「まったく講師然としておらず、参加者と共に創り上げていく学びの場づくり、学びの深め方が素晴らし い」と評価していただいています。

例:あるときは、原子力発電所を外国で稼働させるという話、またあるときは、デザイン思考と統計に関する話、またあるときには苦手な相手とのコミュニケーションの話...と、テーマの内容に関わらず、適切な質問を選び組み立て、真実あるいは解決策の探求を促進する「フレームワーク質問力®」のアプローチを用いて、参加者の学びを深めていきます。また、濃密な振り返りも好評です。

弊社代表の高野によるファシリテーションの活用にご興味をお持ちの方は、お氣軽にお問い合わせください。

弊社代表の高野によるファシリテーションの活用にご興味をお持ちの方は、
下記よりお氣軽にお問い合わせ・ご相談くださいませ。

このページのトップに戻る ホームに戻る

無料ニューズレター QOL向上のヒント
メールアドレス * 
お名前 * 
* は必須項目です。 

Copyright © 2006- The 5W1H Company, L.L.C. All Rights Reserved.


TOP